仕事

今、流行りの『闇落ちトマト』と『人間』の長所・短所の共通点?

闇落ちトマトとは

ズバリ!トマトの中ではよく見られる「尻腐れ」のことを言います。実の一部が黒く変色してしまうことで知られています。味に関しては濃厚で甘いそうです。見た目が悪いというためだけで、一般には流通されません。しかしながら、それでは…と、とあるトマト農園が、「闇落ちトマト」の名前で売り出してみたところ人気商品となりました。ピンチをチャンスに変えた試みが、SNS上の話題になっています。

闇落ちトマトからの発想

このように物事を考えたことがありますか。かけている、できないをプラスにしようと言う発想を持ち、事柄に取り組もうとすること。他の人より劣っていることや負けているではなく障害や、短所を長所に変えていく発想を持つことがこの『闇落ちトマト』の発想に繋がります。

私たちが持つ障害というものは、普段、悪いもの、バリケードがあるようなものとして取られています。障害を活かして仕事や事業をしようとすると、障害を商売にしやがって。なんて言う意見もありますが、

闇落ちをバネにして

例えば、人より背が低い、背が低いことをチャームポイントにする。声が高い、声が高いのを活かしてソプラノを歌ったり、街頭宣伝をする。耳が人よりも悪い、目で人の動きや口を読めたり、目が悪いと逆に耳が研ぎ澄まされたり、足腰が痛かったり悪い人は効率的な動き方や短時間で仕事を終わらせる方法、あまり力を使わない楽な動きを探して実践しますよね。

ピンチをチャンスに変える機転、見方をちょっと変える視点、頭を使うということが人間本来の特技として使えるのではないでしょうか。『人間は考える葦である』です。

足りないを長所に、利点に変えていける能力があるはずです。短所は長所になり得るのです。

闇落ちして敬遠されているにのに実は甘くて美味しいって、キャラ的に美味し過ぎる

トマトにしろ、人間にしろ、闇落ちしているにも関わらず良い味が出ていたら、それはなかなか良い感じですよね。

闇落ちトマトは、濃厚で甘みが強く美味しいです。病気ではありませんが見た目が腐っているようにみえるため敬遠されがちでした。しかし、そこが理解された闇落ちトマトの人気に拍車がかかり爆発的なヒットと繋がったのです。

さて、人間はどうでしょう。例えば、芸能人に多いと言われる精神疾患患者や外国からの移住者を考えてみましょう。芸能人はいつもみんなの目に晒されて逃げ場がないほどの重圧やプレッシャー、ストレスに晒されます。芸能人に精神疾患が多いのも様々なプレッシャーやストレスによるものではないでしょうか。

しかしながら、その病的とも言える精神状態こそが芸能人のパワーの源なのではないでしょうか。躁鬱病、躁病、統合失調症などにみられるテンションの高さや、面白いカラッとした感。これはそんな病気だからそこそ出せる技です。

例えば、サーカスやスタントマン、闘牛士に至っては恐怖感の欠如すらみられます。人間が生きていく上では、短所、欠陥となりえます。これらの短所を彼らは長所に変えての仕事を生業としているのですから、これはもうキャラ的に美味し過ぎます。

考え方、捉え方によって変わる長所と短所のスイッチのしどころ、上手く使いこなしてあなたの短所を長所に変えてみましょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA