仕事

『習慣化の大切さ』

習慣化の大切さ

日々の生活の中に習慣化を取り入れて行動する。これだけのことで私たちは生活の中の様々なことをクリアーすることが可能になります。なぜならば、習慣化することこそが最強の問題突破のメカニズムだからです。

人間が生活の中に自分のやるべきことを取り入れ習慣化することこそが、問題提起された物事に対しての確実な打開策となってきます。

習慣化し継続してそれを行うことこそが習慣化の目的です。

習慣化に失敗する理由

習慣化に失敗する理由とは新しい物事への変化ができないことです。人間は変化を怖がる生き物です。人間は変化を恐れます。

しかし、世の中やビジネスシーンにおいても変化を受け入れられない人たちの未来は明るくないのです。例えば、あなたはオシャレなカフェで働いていたとしましょう。カフェにはたくさんのメニューがあります。新入社員のあなたは苦労してメニューのレシピと名前を全て覚えたとします。

しかし、カフェには、新メニューや季節の商品などが次々に出回ります。あなたが、もし、この変化を受け入れなければあなたやお店はどうなるでしょうか。

世の中は、どんどん移り変わります。その変化にうまく対応できないでいるとしたら、生きた化石のような人物になってしまうことでしょう。

習慣化するコツ

習慣化のコツは、まず、続けることを目標にすることです。続けることを目標にしたら、次は、目標設定をしっかり持ちましょう。サッカーのクラブチームに入るや看護師国家免許を取るなど目標が具体的であれば具体的であるほど良いですね。

そして、一度、目標設定をしたら今すぐにでも始めることです。そして、それを毎日やり続けることです。その際、いつそれを行うかなどの実行するタイミングを掴むのもありです。

家族と友達と、会社の中で誰かと一緒にやるなどしてモチベーションを保ちながら、脱線しにくい為の実行しやすい環境を整えましょう。

放課後や通勤時間、入浴後、夕飯後などポイントに紐付けて、その時間を作るのも良いですね。

目標が習慣化できたら先ほどのカフェの例のようにメニュー(目標)を再び決め直すことをお勧めします。それによって更なる飛躍が期待でき、向上心も揺らぎません。

習慣化が、なぜ大事なのか

目標を実現しやすくなる

ダイエットや資格取得、スキルアップなどは、皆さんが思うほど簡単には成し遂げられないのが現実です。積み重ねが大事な目標は、習慣化で達成しやすくなります。

面倒なことも継続できる

一度、習慣化された行動は、強い意志が伴わなくても実行することができます。
「面倒に感じる」行動も、いったん習慣化してしまうと継続して行えます。

自信がつく

目標を定めての行動の習慣化は、成果につながります。
継続の大事さや、達成した経験は、自信へとなります。

『継続は力なり』です。あなたも何か自分の未来に向けて新しい習慣も身につけませんか。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA