未分類

従来タバコとiQOSなど加熱式タバコどちらが身体に悪い?

タバコによる弊害と加熱式タバコの弊害
タバコを喫煙することは喫煙者の気管支喘息も悪化させることで知られています。 タバコの煙に含まれる活性酸素は、血管内皮細胞を障害します。 そのため、動脈硬化が促進され、狭心症、心筋梗塞、脳血栓 、脳塞栓、動脈硬化、動脈瘤、閉塞性血栓性血管炎(バージャー病)などのリスクが増加することが統計的には示されています。

意見として、タバコによる弊害は今の医療で判明し、医療の発展により治すことのできる範囲です。

「タバコを描くなと言われると困りますねえ。出版社からは「もう登場人物に吸わせないでくれ」とか言われるので、ある程度抑えていますよ。まさかゴルゴに禁煙させたりしたらおかしい(笑)。」さいとうたかを(漫画家)

— タバコ屋ケンちゃん (@smokers052) May 28, 2021

https://platform.twitter.com/widgets.js

その面、加熱式タバコによる弊害は今はまだ分かりかねますから、その弊害が起きて、分かってきてからの対策待ちとなります。

加熱式タバコは本当に健康面は安全?

それでは、タバコの代替え品として作られ今、販売されているiQOSなどの加熱式タバコはタバコより本当に健康的なのでしょうか。

加熱式はタバコよりも一般的にはタールが少なく、臭いも少ないものと言われています。

上記に示されたようにタバコは長い年月の統計的を見て身体に悪いものとして認識されているみたいですが、加熱式タバコなどの悪いところは、制作され発売されてから、まだ年数が経っていない為、良し悪しを決める統計データが今、現在では取れないこと、そして、その結果が分かるのはタバコと同じで将来、皆が加熱式タバコを吸い切った頃に分かるところにあります。

禁煙を促す病院医師などに聞いてみたところ、タバコを喫煙するのと加熱式タバコや電子タバコを喫煙するのとでは大差はないというのが禁煙外来医師の見解です。

「加熱式」もタバコはタバコ~将来に禍根を残す「お目こぼし」

「水俣病事件でも薬害エイズ事件でも規制が遅れたことで被害が拡大した。加熱式タバコの影響はまだよくわからないが、主流煙に有害物質が含まれていることは明らかだ。健康被害が出てからでは遅い。」#受動喫煙https://t.co/KYqatXamGq

— 加熱式タバコ情報 (@KanetsushikiB) May 26, 2021

https://platform.twitter.com/widgets.js

加熱式タバコによるリスク

以前、海外投稿ビデオを閲覧している時のことでした。車の横に立っていた男性のズボンのポケットからバチチッと火花が散りポケットが炎上するというビデオ投稿がありました。

この原因は、ポケットに入れていた充電器のスパークだったようですが、もしこれが吸っている最中の加熱式タバコや電子タバコだったら一体どうなることでしょう。

一般的にいう加熱式タバコや電子タバコもれっきとした電気を帯びた機械です。ショートしたりスパークしないとは言い切れません。吸っている最中にバチチッなんて事にもなりかねないわけですよね。あなたの安全を守るのはあなたしかいません。

結果、加熱式タバコと普通のタバコどちらが体に悪いのか

わたしも愛煙家で長年にわたりタバコを喫煙しています。タバコ、キセルやパイプに始まり葉巻や海外タバコ、電子タバコに加熱式タバコも吸ってきました。どれを吸おうと身体に害がないタバコなどはありません。タバコを吸う以上は、健康に害があるものだと認識するしかないのです。

先ほども言いましたように健康被害は後から出てきますし、何が原因で病気になるかなんて確証もありません。吸わなければ吸わないのが1番良いに越したことはありませんが、どうしてもそれができないという方達は、吸いたいのであれば自分が好きな好みのタバコを気軽に吸うのが精神面にも一息をつくリラックス時にも1番良いのではないのでしょうか。

タバコを吸うときにリラックスする。タバコが美味しいと感じるのであれば、それこそが喫煙者にとってタバコが身体にもたらす1番の良い影響なのではないでしょうか。

タバコは決して身体に良いものではありませんが、タバコを吸っている目的を考えてタバコを吸ってみたら良いのではないでしょうか。タバコは法律違反でも、違法行為でもありません。法のもと成人に認められた正しい嗜みです。喫煙習慣を守って、スマートスモークに心がけましょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA